→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

環境に関する募集情報やお知らせを掲載しました。 ※ ( )は募集締切日です
徳島 香川 愛媛 高知
中四国 全国 四国EPO     
※記事はHP掲載順です
投稿日時: 2014-12-18

東日本大震災以降、厳しいエネルギー情勢が続き、更なる節電・省エネが求められている中、継続的に省エネ対策・運用改善に取り組み、収益向上につなげているエネルギーマネジメントが注目されています。
このような中、四国経済産業局では、工場・事業場におけるエネルギーマネジメントの優良事例を紹介するとともに、我が国の今後の省エネルギー政策の方向性や省エネ関連予算等について講演等を通じて幅広く提供するエネルギー使用合理化シンポジウムを開催します。
また、会場内で省エネ機器・サービスの紹介コーナー及び改正省エネ法の相談窓口を設置し情報提供をします。

【日 時】
平成27年1月21日(水)14:00〜16:30
※省エネ機器・サービスに係るロビー展及び改正省エネ法相談会は11:00から実施しています。

【場 所】
サンポートホール高松4階第1小ホール(香川県高松市サンポート2−1)

【プログラム】
(1)今後の省エネルギー政策についての情報提供
(2)エネルギーマネジメントの優良事例の紹介
■愛媛大学における環境・エネルギーマネジメントについて
〜省エネ指導員・省エネ巡視の体制〜(国立大学法人愛媛大学)
■現場提案型省エネ活動の実践に向けた取り組み
〜エネルギーマネジメントと”人財”育成〜(株式会社大塚製薬工場)

【対 象】
事業者向け

【定 員】
300名

【参加料】
無料

【申込方法】
下記詳細の開催案内(参加申込書)によりお申し込みください。

【主 催】
経済産業省四国経済産業局

【その他】
本シンポジウムは四国地域エネルギーフォーラム2015〜再生可能エネルギーと省エネルギーで地域を変える〜の省エネルギー分科会として開催しています。

【お問い合わせ先】
〒760-8512 高松市サンポート3番33号 高松サンポート合同庁舎
四国経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー対策課
担当者:山田補佐、石山係長
電 話:087−811−8535(直通)
FAX:087−811−8560
四国経済産業局ウェブサイト http://www.shikoku.meti.go.jp

【詳 細】
四国経済産業局ホームページ>新着情報>エネルギー使用合理化シンポジウムを開催します
http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_d2/3_event/141212/141212.html


投稿日時: 2014-05-23

生涯学習センターでは、遊友塾(自主企画講座)の参加団体を募集しています。
皆様方の活動を広く市民の方々に知ってもらう絶好の機会です!
ご応募をお待ちしております!!

【センター遊友塾とは】
市内で活躍する市民グループやボランティア団体(以下「市民グループ等」という。)に、自ら活動の成果や研修プログラムを企画・実施できる機会を提供することで、市民参画の講座を支援するとともに、市民の生涯学習の振興を図ることを目的として実施します。

【募集する事業】
学習課題に公益性が認められ、かつ現代的課題を扱った事業内容とします。
公 益 性…社会や地域の中にある問題・課題に対して、不特定で多数の人へのサービス提供を行う性質のあるもの
現代的課題…社会の変化に応じて、人間性豊かな生活を営むために学習していくことが望まれるもの
具体的には…まちづくり、豊かな人間性、環境問題、健康、国際理解、情報の活用、男女共同参画、人権、高齢社会、地域の連帯など

【実施に当たっての要件】
・学習課題が明らかで、構成に完結性を持たせるため、1事業が5回以下の講座数であること
・チラシ配布等の広報活動を行い、広く市民に開かれたものであること
・原則として実施場所が高松市生涯学習センターであること
・市民グループ等で準備、設営、片付けを行うこと

【対象外の事業】
・営利を目的とするもの
・宗教上の教義や信者の教化育成等に係るもの
・政治上の主義を推進し、若しくは支持し、又はこれに反対する主張等に係るもの
・公序良俗に反するもの
・高松市又は高松市が出資している法人から、他の制度による助成を受けているもの
・その主たる効果が高松市外において生じるもの

【応募資格】
ボランティア団体、市民グループ(法人又は団体を含む)

【募集期間】
平成26年4月1日(火)〜 平成26年5月30日(金)

【実施期間】
平成26年11月1日(土)〜平成27年3月31日(火)
(ただし、生涯学習センター休館日は除く。)

【助成金額】
必要経費のうち1団体、グループに4万円を上限として助成します。また、「採用された事業については、施設の利用料金等を免除します。

【提出書類】
企画提案書、収支予算書、過去1年間の高松市内での活動状況が分かるものを高松市生涯学習センターへ直接持参するか、郵送・FAX・電子メールで提出してください。
企画提案書、収支予算書の用紙は、生涯学習センター、各コミュニティセンター、生涯学習課などにあります。また、高松市公式ホームページからもダウンロードできます。

【選考方法】
市民グループ等によるプレゼンテーションを行い、高松市生涯学習センター等運営協議会が書類やプレゼンテーションの内容を踏まえ、選考いたします。(日程:7月上旬、別途通知)

【お申し込み・お問い合わせ先】
〒760-0040 高松市片原町11番地1 高松市生涯学習センター
電話:(087)811−6222
ファクシミリ:(087)821−8022
電子メール:can◎city.takamatsu.lg.jp(メールの際は、◎を@にご変更下さい)

【詳 細】
高松市公式ホームページ>イベント・観光>イベント情報>文化・芸術>遊友塾(自主企画講座)募集中!!
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/19157.html


投稿日時: 2013-10-30

香川県では昨年度、学校や地域での環境学習に使える遊びの要素をふんだんに取り入れた3つの体験型の環境学習プログラムを民間団体の専門家に依頼して作成しました。
今年度、このプログラムの具体的な使用方法やワークショップの体験ができる講座を開催します。
10月26日(土)には、さっそく1つめのプログラム『みずものがたり』の実践講座が開催されました。

■タイトル
みずものがたり
■講師
井上博夫氏(かがわ環境カウンセラー協議会会長)
■プログラムのねらい
命を支える奇跡の水の大切さに気づき、汚さない、流さない、節水など暮らしの中でできる工夫を考える。
■分野
地球温暖化、資源、3R、消費生活
■対象者
小学4年生以上
■対象人数
1クラス40名以下(1グループ6名程度、6グループ)
■プログラム実施計画(全3授業時間)
第1時:地球ぐるぐる水の旅
第2時:まちづくりから考える水とゴミ
第3時:安全な水ってどんな水?

この教材は、香川県環境政策課に数セット用意されており、申請すれば貸出も可能です。ぜひご活用ください。


投稿日時: 2013-04-01

「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化管法)」に基づき導入された「化学物質排出移動量届出制度(PRTR制度)」により、県内の事業者から国へ届出のあった、平成23年度の化学物質の排出量・移動量データの集計結果は、別添1のとおりです。
 また、国が推計した、届出の対象とならない事業者や家庭・自動車などから環境中に排出されている対象化学物質の量(届出外排出量)の本県分の概要は、別添2のとおりです。
 なお、制度改正に伴い、平成22年度把握分(平成23年度届出分)より、対象化学物質の見直しが行われたため、平成21年度把握分を含むデータとの比較は、制度改正前後で継続して第一種指定化学物質とされている276物質を対象としています。

【平成23年度データのポイント】
‘禄佛喀侘漫Π榮偉
●届出事業所数  410事業所 (前年度と比べて13事業所減少)
●届出排出量   4,453トン (前年度と比べて122トン増加)
排出量の内訳は、大気への排出4,402トン、公共用水域への排出51トン、
土壌への排出0トン、事業所内での埋立処分0.0トンで、大気への排出が大部分を
占めています。
●届出移動量   1,464トン (前年度と比べて189トン増加)
移動量の内訳は、廃棄物として1,461トン、下水道へ3.4トンが移動しています。
●届出排出量と届出移動量の合計   5,918トン (前年度と比べて312トン増加)
●届出排出量・移動量の合計の多い物質  トルエン、キシレンの2物質で、
全体の66%を占めています。
届出外排出量
●国が推計した本県の届出外排出量   2,288トン
内訳は、届出対象外の事業所からの排出量892トン、家庭からの排出量676トン、
自動車などの移動体からの排出量720トンとなっています。
K楔の環境への総排出量
●届出排出量と届出外排出量を合わせた、本県の環境への総排出量6,741トン(全国24位)

【詳 細】
香川の環境>新着情報・トピックス>化学物質の環境への排出量等を公表します(お知らせ)
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/data/1303/130327d.htm


投稿日時: 2013-03-15

香川県では、平成16年度に、美しい郷土香川のみどりの中から「香川のみどり百選」を選定しています。このうち島嶼部については、「瀬戸内のみどり」として14の島々を紹介しています。
「瀬戸内のみどり」をより身近に感じてもらい、「みどり」を守っていく機運や活動が広がっていくことを願って、瀬戸内国際芸術祭2013などで訪れた、触れた、発見した「瀬戸内のみどり」を描いた絵手紙を募集します。応募いただいた作品は、「かがわプラザ」等で展示します。

【募集期間】
春の部:平成25年4月1日(月)〜4月30日(火)

【テーマ】
『あなたに伝えたい、瀬戸内のみどり』

【応募資格】
どなたでも結構です。(応募点数に制限はありません。)

【描画対象】
「香川のみどり百選」の島+瀬戸内国際芸術祭2013が開催される島や島内のみどりの風景など

【形 式】
通常はがき(紙質は問わない)
画材(絵の具、色鉛筆、クレヨンなど)は自由
メッセージを添えたもの

【応募規定】
•応募作品は県内にて展示します。なお、展示の際は、氏名を公表します。
•応募作品は、その他「香川のみどり百選」の広報にも使用します。
•応募作品は、原則返却しません。
•応募作品は、未発表のオリジナル作品に限ります。
•応募作品の著作権は主催者に帰属します。
•応募に関する個人情報は、今回の絵手紙展に関連してのみ使用します。

【主 催】
香川県環境森林部みどり保全課

【後 援】
瀬戸内国際芸術祭実行委員会

【応募・お問合せ先】
香川県環境森林部みどり保全課 「瀬戸内のみどり」絵手紙展 係
〒760-8570 高松市番町四丁目1番10号
TEL:087-832-3463 FAX:087-806-0225

【詳 細】
香川の環境>募集中!>「瀬戸内のみどり」絵手紙作品(春の部)を募集します!
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/data/1303/130308.htm


(1) 2 3 4 ... 6 »
地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.