→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

環境に関する募集情報やお知らせを掲載しました。 ※ ( )は募集締切日です
徳島 香川 愛媛 高知
中四国 全国 四国EPO     
※記事はHP掲載順です
香川 : 香川県が、平成23年度大気汚染・水質測定結果の概況を公表
投稿日時: 2013-01-07

環境基本法に基づき、人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準として、大気汚染、水質汚濁等について環境基準が定められており、これらの状況について定期的に調査しています。
 平成23年度に香川県内で実施された大気汚染状況の常時監視測定結果、公共用水域・地下水の水質汚濁状況の常時監視測定結果について、大気汚染防止法第24条、水質汚濁防止法第17条の規定に基づき、公表します。
 なお、県ホームページ「香川の環境」に結果概要を掲載するとともに、詳しい結果をまとめた冊子を環境管理課及び県民室等で閲覧できます。

【大気汚染調査結果の概要】
平成23年度の環境基準の達成状況は表−1のとおりでした。
浮遊粒子状物質については、20測定局中15測定局で環境基準未達成でした。平成23年度は5月2日〜5日にかけて黄砂が観測されており、その影響で平成22年度と同様に未達成となったものです。
光化学オキシダントについては、全測定局(13局)で環境基準未達成で、中讃地域で1回、緊急時の予報を発令しました。
その他の項目については、全局で環境基準を達成しており、年間の平均濃度は、前年度と比較して概ね横ばいで推移しています。

【水質測定結果の概要】
平成23年度水質測定計画に基づき実施した公共用水域の測定結果の概況は、次のとおりでした。
仝共用水域
■ 健康項目(カドミウム、全シアンなど27項目)
河川33 地点、海域23 地点の全測定地点で環境基準を達成していました。(前年度100%)

■ 生活環境項目
生物化学的酸素要求量(BOD)については、類型指定水域(35 水域)における環境基準達成率は63%(22水域)でした。(前年度57%)
 海域の化学的酸素要求量(COD)については、類型指定水域(7水域)における環境基準達成率は43%(3水域)でした。(前年度43%)
 また、全窒素及び全燐に係る環境基準については、類型指定水域(4水域)全てが環境基準を達成しました。(前年度100%)

地下水
■ 概況調査
県内の地下水質の状況を把握するため35地点で調査を行い、1地点(高松市生島町)において硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素が13mg/L と、地下水の水質汚濁に係る環境基準(10mg/L)を超過しました。なお、当該井戸は飲用には使用されていませんでした。

【詳 細】
香川の環境>新着情報・トピックス>平成23年度 大気汚染・水質測定結果の概況
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/data/1212/121227.htm


地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.