→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。


生きもの・生態へのアプローチ
〜愛大学生3人による研究発表〜

【日 時】
平成27年2月17日(火)19:00〜20:30

【場 所】
愛媛大学校友会館2F サロン(松山市文京町3番 城北キャンパス)

【参加対象者】
身近な自然に関心のある人

【定 員】
30人

【参加費】
200円

【発表内容】
■忽那諸島におけるウチヤマセンニュウの生息状況の解明および音声解析を用いた系統関係の推定
*渡辺奈央さん:理学部生態学研究室
ウチヤマセンニュウは体長約17僂瞭本周辺の島嶼でしか繁殖していない希少な鳥です。2010年、松山市沖の忽那諸島に属する小安居島で繁殖が 確認され、瀬戸内海唯一の繁殖地となりました。本研究では、本種の忽那諸島での生息状況の解明とさえずりを用いた系統関係の推定を行いました。
■愛媛県松山市高縄山における糞分析を用いたニホンジカの食性解析
*古田智博さん:理学部生態学研究室
最近よく話題となっているシカの食害を調べる上で、食性は意義のある研究です。今回は糞の内容物を見て、シカの植生を研究しました。夜な夜なウンチをすりつぶし、研究に没頭した日々の成果をぜひ聞いてください!
■仁淀川水系黒川源流域における在来種アマゴと移入種イワナの食性
*阿部博文さん:理学部生態学研究室
アマゴとイワナは淡水性サケ科魚類です。仁淀川水系黒川源流域では、在来種としてアマゴが生息していたが、移入種としてイワナが現在確認されています。両種の胃内容物から食性について研究しました。

【お申込み】
お名前、電話番号、e-mail(お持ちの場合)を明記の上、下記の連絡先まで、e-mail あるいはFAX にてお申し込みください。
(ご提供いただいた個人情報は適正に管理し、サイエンスカフェ★えひめ、自然観察会等のご案内にのみ使用します)

【主 催】
NPO 森からつづく道

【共 催】
愛媛大学女性未来育成センター

【申込み・連絡先】
NPO 森からつづく道(松山市鉄砲町1-7)
FAX:089-992-9152
e-mail:info◎morimichi.org(メールの際は、◎を@にご変更下さい)

【添付資料】
「第11回 サイエンスカフェ★えひめ」案内チラシpdf

地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.