→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

環境省と文部科学省は、ESDの推進に取り組んでいます。 ESD それは希望への学び合い

ESD(Education for Sustainable Development)「持続可能な開発のための教育」は、今ある地球の恵みを、次世代に生きる全ての人々が継続して受けられる未来をつくるための「学びあい」です。

国連ESDの10年最終年会合「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」(2014年11月 名古屋市・岡山市)、さらにその先の未来に向かって、四国でもESDの取り組みが各地で広がっています。

■ 四国ESDアンケート結果

■ 地域版ESDプログラム(英訳)

■ 四国4県ESD実践事例

ESDに取り組むとき、どこか『むずかしい』『わかりにくい』というイメージを持っていませんか?

「ESDって実は自分にとってすごく身近なことなんだ!」そんな思いをマンガにしました。

気づき、つながる輪
ESDセミナー徳島「〜外国の事例に学ぶ地域づくり〜 真に豊かな地域とは」を開催しました!(徳島市) 2011.12

12月3日(土)、徳島県立総合福祉センターでESDセミナー徳島「〜外国の事例に学ぶ地域づくり〜 真に豊かな地域とは」を開催しました。今回のセミナーは、共催団体として、徳島県、NPO法人徳島環境カウンセラー協議会、NPO法人環境首都とくしま創造センターの皆様と準備を進め、当日は、普段、環境分野で活動するNPOの方々や企業にお勤めの方々、行政の方々など24名の参加がありました。

昨年に引き続き、今年も講師に元今治市立鳥生小学校校長の丹下 晴美先生をお招きし、先生が実際に視察に行かれた諸外国での街づくり、そして学校現場における実践を基に外国の街づくりの事例をご紹介いただきながら、どのような工夫が施されているのか、本当に豊かな地域とはどういったものなのかについて参加者のみんなで意見を出しながら考えていきました。
【写真:講師の丹下先生からたくさんの事例を紹介していただきました】

まず、丹下先生から、環境教育のねらいとESDの関係について、そしてそもそも「持続可能な社会とは何か?」についてご説明いただいた後、諸外国、そして日本国内の環境に配慮した街づくりの事例をご紹介いただき、事例ごとにどういった点が街づくりに工夫がもたらされているのか、どういった点が日本と違うのか、同じなのかについて、グループ内で意見を出し合っていきました。丹下先生からご紹介いただいた事例は、次の5つです。

.ぅリスのウェールズ地方における持続可能で、健全、エコロジカルな技術とライフスタイルの模索「人間と自然と技術が共生可能であることの証明」
▲▲瓮螢のカリフォルニアにおけるディビスで生態学的に持続可能なコミュニティの建設「自然の生態系と人間の会的な生活との共存を目指すVillage Homesのまちづくり」
ドイツのユンデ村における責任ある市民として地球環境を考えた街づくりに主体的に参画する「意識の高い人材を育てる教育とその成果」
ぅ好ΕА璽妊鵝▲妊鵐沺璽における持続可能な未来を創る長期的ビジョンと着実な取り組み「システムを変えるのは誰?」
ズ覿霧小川町におけるエネルギーと食を地域で自給する「地域自給の先進地」の取り組み「地域経済を支え合うことを誇りに思う街づくりとは?」


そしてセミナーの最後に丹下先生から、「“地球は有限である”ということを前提に、悲観的にならずに、まずは知ること(しっかり勉強する!)、そして今、私たちがすべきことは何なのかを考えながら、自分が住む街に誇りを持つことができるように、関係者や協力者を巻き込みながら持続可能な街づくり、社会づくりをおこなっていきましょう」とメッセージが送られました。
【写真:グループディスカッションの様子】

セミナーの参加者の皆さんからは、次のような感想をいただきました。
「自分たちの問題としてより、人任せにしていた」
「職場にESDを知っている人がいない」
「自分たちが変えなければならないことを切実に感じた」
「人をどのように巻き込むかが難しい。でも大事なこと。環境分野の人だけではなく、他の分野の人と関わりたい。この垣根をどうすれば越えられるか」
「(先生のプレゼン資料にあった)比較のグラフを見て、日本や自分の地域のエネルギー事情などを意識してなかったことに気づいた」
「真実よりも思い込みに安心し、疑問すらもたなかった」
「自ら考え、判断し、問題解決する力を教育で育てなければならない」
「これからは、デンマークのように、自分たちでもっと学びあうことが大切である」

セミナーの最後は、NPO法人徳島環境カウンセラー協議会の津川なち子理事長より閉会の言葉をいただき、セミナーを終えました。
今日のセミナーで得たことが、参加していただいた皆さんの活動や業務のヒント、また普段の生活を見直すきっかけとなれば嬉しいです。


地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.