→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

環境省と文部科学省は、ESDの推進に取り組んでいます。 ESD それは希望への学び合い

ESD(Education for Sustainable Development)「持続可能な開発のための教育」は、今ある地球の恵みを、次世代に生きる全ての人々が継続して受けられる未来をつくるための「学びあい」です。

国連ESDの10年最終年会合「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」(2014年11月 名古屋市・岡山市)、さらにその先の未来に向かって、四国でもESDの取り組みが各地で広がっています。

■ 四国ESDアンケート結果

■ 地域版ESDプログラム(英訳)

■ 四国4県ESD実践事例

ESDに取り組むとき、どこか『むずかしい』『わかりにくい』というイメージを持っていませんか?

「ESDって実は自分にとってすごく身近なことなんだ!」そんな思いをマンガにしました。

気づき、つながる輪
「四国ESDシンポジウム」(新居浜)2014.2

2014年2月11日、新居浜市市民文化センターにて『四国ESDシンポジウム』が開催されました。
このシンポジウムでは、国連ESDの10年最終年会合「ESDユネスコ世界会議」(2014年11月、愛知・岡山)を前に、10年の歩みを振り返りつつ、ESDを軸とした四国地域における連携・協働を考えることをテーマに設定し、環境省「平成25年度持続可能な地域づくりを担う人材育成事業」で取り組んだ四国4県のESDモデル実践事例の発表と、参加者による意見交換がおこなわれました。

まずはじめに、池田満之氏(NPO法人ESD-J副代表理事、岡山ユネスコ協会)による基調講演「ESD10年の成果と未来」がおこなわれました。官民の推進組織の発足、教育政策におけるESDの位置づけの明確化、学校教育でのESDの展開などさまざまな成果が見えてきた反面、さらに「つながり」というESDの特徴を活かして取り組んでいかなければ「ESDの10年」が終わると同時にESDが失速してしまうのではないかという脅威もあるということでした。各地でESDが少しずつ広がりを見せているところですが、まだまだ認知度は高くありません。ESDの10年が終了した後も、ESDがより多くの人に広まり、実際に「行動できる人」を増やしていくことで、「持続可能」な社会に向かって少しずつ前進していくことができるということを改めて感じました。

次に、四国各県のESD環境教育モデルプログラムの発表がおこなわれました。徳島県については「私たちの暮らしと河川環境、生き物のつながり〜水質調査から見えてきたこと〜」というテーマで山崎順一氏(徳島県環境カウンセラー協議会環境カウンセラー)が報告をおこない、水の浄化と微生物の関係や、自然界における人と社会について考え、どのようにすれば水環境が持続・向上できるか、自分にできることを子どもたちが楽しみながら考えている様子が共有されました。

高知県については「物部の森のもの知り博士になろう!〜森林保全と生き物たちとの時速可能性を考える〜」というテーマで高山莉菜(高知工科大学マネジメント学部学生)が報告をおこない、参加者が「シカの食害」にスポットを当てたプログラムの中で、生き物と人のつながりについて理解するとともに、シカを地域の資源として活用するための可能性について探っている様子が共有されました。

香川県については「樹木の気持ちとつながろう!〜まちも里海も豊かにする樹木のはたらき〜」というテーマで井上修氏(善通寺こどもエコクラブ)が報告をおこない、身近な公園の樹木や森林の湧き水を観察しながら、人は樹木から多くの恩恵を受けていることを学んでいる様子が共有されました。

愛媛県については「東雲ピカピカESD〜私たちが育てるコミュニティファーム〜」というテーマで羽鳥剛史氏(愛媛大学大学院生産環境工学専攻環境建設工学准教授)が報告をおこない、地域の公園の未利用地を活用して地域の子どもたちとNPO、地域住民が一緒にコミュニティファームを運営している様子が共有されました。 各県、それぞれの地域の特徴を活かしたプログラムが展開されていました。なにより、活動の中の子どもたちのいきいきした表情が印象的でした。

最後には、佐野淳也氏(徳島大学地域創生センター助教)にファシリテーターをお願いし、参加者全員による意見交換会をおこないました。「ESDを自分なりのわかりやすい言葉に表したら?」という問い掛けから始まり、それぞれの現場でESDを広げていくためにはどうしたらいいのか、四国らしいESDって何なのか、グループごとに意見を交わし、考えを深めました。


「ESD学びあいフォーラム〜再生可能エネルギー×教育の連携に向けて〜」2013.11

2013年11月4日、「ESD学びあいフォーラム〜再生可能エネルギー×教育の連携に向けて〜」を開催しました。
将来世代にわたって健康に幸せに暮らせるために、私たちは社会にどのような「学び」を広げることができるのか?今回は、地域再生可能エネルギーと教育の連携をテーマに、ESDを実践する団体、個人と研修プログラム等の情報交流や、具体事例等を通したESDのポイント(概念や能力)を相互に学びあいました。

はじめに、宇都宮由紀氏(新玉小学校教諭)と竹内よし子氏(NPO法人えひめグローバルネットワーク)による「ESDトーク」では、ESDを学校で展開するコツや、NPOと学校の連携についてお話していただきました。モザンビークとの交流を通して子どもたちが実感したり、「本物」と出会ったりする中で、相互に学び合う関係性が新玉小学校とモザンビークとの間にできていることからESD的な学びにつながっているということが共有されました。

次に実際にESDに取り組む、藤島和典氏(高知県小水力利用推進協議会)、四宮成晴氏(NPO法人土佐の森救援隊)、入江秀昭氏(NPO法人環境NPOサン・ラブ)にお話をしていただくと同時に、前田眞氏(NPO法人まちづくり支援えひめ)にコーディネートをお願いし、「教育との連携に向けて」というテーマで意見交換を行いました。 その中では、学校の先生や地域の人たちをうまく巻き込んでそれぞれの強みを生かした連携を進めていくことの重要性や、地域社会への参加の仕組みを伝えるのではなく感じてもらうことでESDは有効に働いていくのだというコメントがありました。
参加者の皆さんには、地域で学校とNPOの連携を進めていく上での考え方のヒントを多く持ち帰っていただくことができたのではと思います。


ESD学びあいフォーラム「持続可能な開発会議(Rio+20)」報告より Rio(リオ)からの学び〜ESDが果たす役割、持続可能な社会づくりを考える〜(松山市) 2012.11

 11月30日、松山市総合コミュニティセンターでESD学びあいフォーラムとして「持続可能な開発会議(Rio+20)」報告より Rio(リオ)からの学び「〜ESDが果たす役割、持続可能な社会づくりを考える〜」を開催しました。

 1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国連会議(地球サミット)」は、気候変動枠組条約や生物多様性条約が締結されるなど、今日における地球環境保全や持続可能な開発に大きな影響を与えたといわれています。

 あれから20年。今年6月、同じ場所で「国連持続可能な開発会議(通称Rio+20)」が開催されました。今回のフォーラムでは、実際にRio+20に参加された方をお招きして、現地での活動の様子やこれから自分たちが暮らす地域で、どのように持続可能な地域づくりを行っていけるのかなどについてお話を伺い、参加者の皆さんで意見交換を行いました。

まず、今回コーディネーター役をお願いした佐野淳也氏(しあわせ社会デザイン研究所代表)が、1992年の「国連環境開発会議(地球サミット)」から今年6月に開催された「リオ+20」までの流れ・概要を説明された後、地球サミットで行われたセヴァン・スズキの「伝説のスピーチ」を視聴しました。

その後、今回、実際、リオデジャネイロへ行かれ、Rio+20に参加された田辺有輝氏(特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)理事、グリーンエコノミーフォーラム理事)、織田由紀子氏(NPO法人北九州サスティナビリティ研究所研究員)、金城正信氏(株式会社金城産業代表取締役)にリオでの活動を発表していただきました。

田辺氏は、リオ+20の概要説明を行った後、リオ+20の成果文書が作成されるまでの流れが紹介してくださいました。また、田辺氏が所属している団体が現地で行った活動やその目的が話され、最後にリオ+20後の進捗と課題、成果の地域活用の可能性について発表してくださいました。


織田氏は、冒頭、地球サミット、リオ+20は、必ずしも環境だけを取り上げた国際会議ではなく、ジェンダー、福祉など持続可能な開発を考えるため、あらゆるイシューを扱っていることをコメントされました。リオでは、「ESDの認知度調査」を行った結果が発表されましたが、国際会議に参加している人ですら「ESD」を知らないことに、北九州市から参加した人たちはショックを受けたことが話されました。最後に、市民が国連の会議に参加することの意味として「市民の声を地域づくりに、施策に反映させる力となること」、「自分たちの活動を国際的視野で見直すいい機会となること」を挙げられました。


地元、愛媛の企業を経営される金城氏からは、自身のNPO活動を始めたきっかけに始まり、リオ+20での活動、ジャパンパビリオン内の様子やブラジルの町の風景を紹介していただきました。その後、循環型社会モデルを形成すべく、自身が経営する会社の紹介を行い、ゼロエミッションへの挑戦が熱く語られ、発表の最後は、ニュージーランドの先住民であるマオリ族の教えを紹介いただき、発表を締めくくられた。

マオリ族の教え:「人間はあくまでも自然界の一部であり、自然界の上に立つものではありません。全ての生命は互いにつながっており、人間も世界をおりなす数限りない要素のひとつ、あるいは世界という大きな家族の一員です」


フォーラム後半は、まず、国内でリオ+20を支えてきた谷川徹氏(農と生き物研究所主宰)にも加わっていただき、参加者の皆さんからの質問に報告者からお答えいただきました。質問は、「国際会議で省庁の職員の方々とは、ざっくばらんに話したりしますか?」「国際会議を国内で支える国内スタッフの苦労は?どんな仕事がありますか?」などが挙げられました。

フォーラム参加者同士がつながり、お互いを知り合う場となるよう、「ワールドカフェ」方式でグループディスカッションを行いました。テーマは、「この20年間で起きた、いい変化」と「今後20年間で起こしたい、いい変化」の2つを設定し、参加者が社会の変化から個人的な変化まで、思い思いに模造紙に書き込んでいきました。

【この20年間で起きた、いい変化】
・インターネットや境内電話の普及
・禁煙分煙、自転車レーンの設置
・参加型の雰囲気、多様性が認められる社会(自由な表現力)
・NPOやボランティアの広がり、パートナーシップの広がり
・エコ意識の向上 総合学習に環境学習も取り入れられるようになった

【今後20年間で起こしたい、いい変化】
・国境をなくす色々な国の人との交流が当たり前になるように
・車のない町、カーシェアリング
・子供やお年寄りに優しい社会
・日本独自の技術で世界をリード
・自然エネルギー、脱原発
・子どもたちが決定プロセスに関わる
・精神的豊かさ、みんなが“そこそこ”幸せ
・多様性が広がる
・自分でライフスタイルが選べる



最後に各グループで出された意見を共有しました。

アンケートでは、次のようなコメントがありました。
・世界、日本の社会問題が多様化で、何を重要視、キーポイントにしていいか、課題が多いことを実感している。
・高校や大学でESD活動を行いたいと思っているが、その方法が分からない。
・学生として活動場所を与えてもらうだけではなく、自分から提案して行動できるようにしたい。

今回のフォーラムには、環境分野のみならず、福祉、教育関係者、ESDに興味・関心を持つ学生など、多分野で活動する人たちが参加していましたが、社会の課題解決には多様なアクターが必要であるとの認識を持ち帰ったのではないかと思います。


ESDセミナー高知「持続可能な里海づくり」(高知市) 2012.1

1月28日(土)、ESDセミナー高知を高知市鷹匠庁舎隣りの「草や」を会場に開催しました。「草や」は古民家を活用し、高知の自然に近い食材を使った料理に定評がある食事処で、店舗奥の広間を提供していただきました。参加者は総勢10人という規模でしたが、講師も参加者も顔を見合わせながら、持続可能な社会づくりに向けた活動の事例を共有し、ともに考える時間となりました。

 今回のESDの切り口の一つは生物多様性。講師には、NPO法人黒潮実感センター長の神田優さん、NPO法人NPO84はちよんプロジェクト(以下、84プロジェクト)事務局の川村聡志さんをお迎えしました。
 初めに、四国EPOの藤野からESDの意義について、持続可能な社会とは「環境・社会・経済のバランスのとれた社会」であることなどを説明しました。

 続いて、NPO法人黒潮実感センター長の神田優さんに、大月町柏島を舞台に98年から取り組んでいる「持続可能な里海づくり」をご紹介いただきました。
柏島での活動は、ー然を実感する取り組み、⊆然を活かすくらしづくり、自然とくらしを守る取り組みで構成。科学者としての活動は調査して学会に発表することで区切りがつきますが、同センターは、調査結果をいち早く地元住民に解り易い形で還元するという方針で、このことが「持続可能な里海づくり」の基盤となっていることがうかがえました。また、地元の小学生の海の生きもの観察学習における、「答えをすぐ出さず、質問しながら気付きを促す。子どもたち自身が発見できれば、記憶や実感が残る・・・」という神田さんの手法は、ESDの具体的なハウツーといえます。

同センターでは、間伐したヒノキの枝を海底に沈め、アオリイカの産卵床を造る事業を行っています。この事業は、林業者・漁業者・ダイバーの協力を得て可能になったもので、子どもたちの環境教育のためにという目的を軸とすることによって、連携が生まれました。森林からもたらされる栄養塩がプランクトンを育み、豊かな漁場をもたらしていることを学びつつ、子どもたちにとっては、イカの卵という目に見える結果から、森・川・海のつながりを実感する取り組みになっています。また、ホンダワラの母藻の移植による藻場の再生や、ウニの駆除によって、磯やけの解消に取り組んでいる様子も紹介され、「人も海を耕し育み守る」という具体的な実践を知ることができました。神田さんは、このような実践の成果を伝えるためにも、リーフチェックなどの定点調査などによるデータの蓄積が重要であることを強調されました。

 一方で生じている柏島での観光客、ダイバーの増加=オーバーユースについても、問題提起と解決策の模索をご説明くださいました。島は「島民の生活の場」であり、「非日常を提供するリゾート地ではないこと」を念頭に、「訪れる人も住んでいる人も、ともに気持ちのよい島づくり」のために、ローカルルールづくりを進め、情報として発信し、観光立島から環境立島へと発展するビジョンを模式図で示してくださいました。地元との一体感を持って、冒頭の 銑の取り組みを回していく、長いスパンで里海づくりを考えていくことが、ESD的であると神田さんは捉えていらっしゃいました。

また、継続的に生物多様性の保全に取り組むためには、調査によるデータの収集のような自然科学的なアプローチと、多様な主体との協働による段階的な事業の組み立てに見られるような、社会科学的なアプローチが必要であることを、認識することができました。

84プロジェクト事務局の川村聡志さんは、大学を2年間休学し、はちよんプロジェクトで活動中。最初に同プロジェクトのコンセプトをご説明くださいました。「84」とは、日本一である高知県の森林率を示していて、そのことを不便さなどのマイナスに捉えるのでなく、森林がCO2を固定する機能を果たしていることや、森林のもたらす水が農業を発展させていることなどに着目し、プラスとして考え、高知県民のアイデンティティに育てていこうというビジョンを打ち立てています。「84」のしゃれたロゴを製品に使用を推進するライセンス事業、84教育などを展開。84教育の例としては、430もの樹種からスプーンを作る「スプーンの森」が紹介されました。材の枝の部分などを利用して紙やすりなどで削って作り、子どもたちにも好評のようです。「あたりまえだったことを体験によってあたりまえでなくすることによって、感謝や誇りを育みたい」と川村さん。各地でその地域の特性を活かした教育が進むことが、持続可能な社会の実現に結びついていくことと期待されます。今後の84プロジェクトの展開に注目していきたいと思います。

 お二人のご発表で予定の終了時間が迫ってしまい、参加者間での意見交換の時間が不足してしまい、運営について反省しています。この後、17時からは草やさんの料理を囲んで、歓談する時間を設けました。

 8人のご回答を得たアンケートでは、ESDについての理解がたいへん深まった(0)、深まった(6)、ふつう(2)などの結果で、「ESDは全ての人間活動に関わっており、全体で考えるととらえにくい。色々な事例をコツコツと集め、知ってもらうことから始めるしかないのでしょうね」、「参加するお子さんの親御さんや先生方の理解をいかに得られるか」等のコメントをいただきました。

 四国では各地でESDの要素を色濃く持つ活動が進んでいると思われるので、このような機会を創って楽しみながら情報交換を進展させていきたいと思います。

こちらは、セミナー参加者の方々が所属する団体のURLです。ぜひ、チェックしてみてください。
【特定非営利活動法人黒潮実感センター】
http://www.orquesta.org/kuroshio/

【特定非営利活動法人NPO84はちよんプロジェクト】
http://www.kochi-84project.jp/

【特定非営利活動法人環境の杜こうち】
http://npo-kankyonomori.com/

【紙漉体験かみこや】
http://kamikoya-washi.com/


ESDセミナー徳島「〜外国の事例に学ぶ地域づくり〜 真に豊かな地域とは」を開催しました!(徳島市) 2011.12

12月3日(土)、徳島県立総合福祉センターでESDセミナー徳島「〜外国の事例に学ぶ地域づくり〜 真に豊かな地域とは」を開催しました。今回のセミナーは、共催団体として、徳島県、NPO法人徳島環境カウンセラー協議会、NPO法人環境首都とくしま創造センターの皆様と準備を進め、当日は、普段、環境分野で活動するNPOの方々や企業にお勤めの方々、行政の方々など24名の参加がありました。

昨年に引き続き、今年も講師に元今治市立鳥生小学校校長の丹下 晴美先生をお招きし、先生が実際に視察に行かれた諸外国での街づくり、そして学校現場における実践を基に外国の街づくりの事例をご紹介いただきながら、どのような工夫が施されているのか、本当に豊かな地域とはどういったものなのかについて参加者のみんなで意見を出しながら考えていきました。
【写真:講師の丹下先生からたくさんの事例を紹介していただきました】

まず、丹下先生から、環境教育のねらいとESDの関係について、そしてそもそも「持続可能な社会とは何か?」についてご説明いただいた後、諸外国、そして日本国内の環境に配慮した街づくりの事例をご紹介いただき、事例ごとにどういった点が街づくりに工夫がもたらされているのか、どういった点が日本と違うのか、同じなのかについて、グループ内で意見を出し合っていきました。丹下先生からご紹介いただいた事例は、次の5つです。

.ぅリスのウェールズ地方における持続可能で、健全、エコロジカルな技術とライフスタイルの模索「人間と自然と技術が共生可能であることの証明」
▲▲瓮螢のカリフォルニアにおけるディビスで生態学的に持続可能なコミュニティの建設「自然の生態系と人間の会的な生活との共存を目指すVillage Homesのまちづくり」
ドイツのユンデ村における責任ある市民として地球環境を考えた街づくりに主体的に参画する「意識の高い人材を育てる教育とその成果」
ぅ好ΕА璽妊鵝▲妊鵐沺璽における持続可能な未来を創る長期的ビジョンと着実な取り組み「システムを変えるのは誰?」
ズ覿霧小川町におけるエネルギーと食を地域で自給する「地域自給の先進地」の取り組み「地域経済を支え合うことを誇りに思う街づくりとは?」


そしてセミナーの最後に丹下先生から、「“地球は有限である”ということを前提に、悲観的にならずに、まずは知ること(しっかり勉強する!)、そして今、私たちがすべきことは何なのかを考えながら、自分が住む街に誇りを持つことができるように、関係者や協力者を巻き込みながら持続可能な街づくり、社会づくりをおこなっていきましょう」とメッセージが送られました。
【写真:グループディスカッションの様子】

セミナーの参加者の皆さんからは、次のような感想をいただきました。
「自分たちの問題としてより、人任せにしていた」
「職場にESDを知っている人がいない」
「自分たちが変えなければならないことを切実に感じた」
「人をどのように巻き込むかが難しい。でも大事なこと。環境分野の人だけではなく、他の分野の人と関わりたい。この垣根をどうすれば越えられるか」
「(先生のプレゼン資料にあった)比較のグラフを見て、日本や自分の地域のエネルギー事情などを意識してなかったことに気づいた」
「真実よりも思い込みに安心し、疑問すらもたなかった」
「自ら考え、判断し、問題解決する力を教育で育てなければならない」
「これからは、デンマークのように、自分たちでもっと学びあうことが大切である」

セミナーの最後は、NPO法人徳島環境カウンセラー協議会の津川なち子理事長より閉会の言葉をいただき、セミナーを終えました。
今日のセミナーで得たことが、参加していただいた皆さんの活動や業務のヒント、また普段の生活を見直すきっかけとなれば嬉しいです。


ESD学びあいフォーラム「〜つながり、広がる〜 震災から見える持続可能な社会づくりとは」を行いました(松山市)2011.10

 10月2日、愛媛県美術館で、ESD学びあいフォーラム「〜つながり、広がる〜 震災から見える持続可能な社会づくり」を開催しました。
 今年のフォーラムは、3月11日に発生した東日本大震災から半年が経過し、東北から離れたここ四国でも考えるべき課題、支援すべきこと・できることを考えていきたいという思いを込めて、復旧・復興活動を始めた人たちの動き・ネットワークをテーマに開催しました。
 まず、四国EPOスタッフの藤野より、「持続可能な開発のための教育(ESD)」について解説しました。持続可能な社会とは、「環境・社会・経済・のバランスがとれた社会」とも言われています。それを実現・発展させていくため、必要な知識や価値観、生活スタイルなどを学び、実際に行動していくこと、行動を起こすことのできる人づくりが大事であると説明しました。

講演「東日本大震災から問われる持続可能な地域づくり
東北環境パートナーシップオフィス(EPO東北)統括の井上 郡康 氏より「東日本大震災から問われる持続可能な地域づくり」と題してご講演いただきました。3月11日の東日本大震災から半年が経過し、これまでの取材活動を通して見えてきた、街の再生に向かって動き出した地域のネットワークの事例を紹介。そして東日本大震災が起こったことにより持続可能な生活が一旦途切れてしまった社会生活の中で見えてくる持続可能な社会についてお話していただきました。
 井上氏を始めEPO東北の皆さんは、東北地方に暮らす人々や復興に向けて歩み出した人々を取材し、その声をEPO東北のホームページの「3.11 あの時 東日本大震災3月11日14時46分からの物語」に掲載しています。

EPO東北ホームページ「3.11 あの時 東日本大震災3月11日14時46分からの物語」http://www.epo-tohoku.jp/3.11/


事例紹介・意見交換
続いて、松山市における東日本大震災の復旧・復興支援活動を行っている2事例を紹介しました。

東日本大震災がんばろう支援ネットワークまつやま
 東日本大震災がんばろう支援ネットワークまつやま代表の山田 賢司 氏より発表いただきました。松山市内のNPOが3.11前から東南海大震災に備えたネットワークを立ち上げていましたが、3.11後は、このネットワークをベースにして東北を支援するためのネットワークが立ち上がり、11団体がこのネットワーク傘下に入っているとのこと。現在は、愛媛県に避難してきている被災者の方の生活支援を行っています。9月19日には「第1回えひめにようこそ交流会」を開催。NPOならではの、NPOだからできる支援活動をご紹介いただきました。

松山市立中央図書館
 二つ目の事例として、松山市立中央図書館司書の松本 優子 氏より発表いただきました。図書館の一角に東北コーナーを設けた事例を紹介。コーナーには東北関連の書籍、東北の地方紙、また地元小学校の生徒が作製した東北地方の方へのメッセージボックスの設置、また「東日本大震災がんばろう支援ネットワークまつやま」で活動しているNPO11団体の活動内容が書かれた一覧のボードが展示されていることなどが紹介されました。「図書館」という人が集まる場から、震災のことを「忘れない」というメッセージを送り続けたいということが述べられました。

最後に井上氏、山田氏、松本氏に加え、持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)理事の吉澤 卓氏も加わって、フロアと質疑応答が行われました。
(右写真:登壇者の皆さん ※ 左から、井上氏、山田氏、松本氏、吉澤氏)

 アンケートでは、次のようなコメントがありました。
・今後、震災が起きた時、何ができるか?会社内(小さい所から)考える機会となった」
・ESDのキーワードは、「人と人とのつながり=チーム」
・東日本大震災への興味・理解
・愛媛で地震が起こった際の備え。自分ができることへの気づき

 今回のフォーラムを通して、復旧・復興は長期スパーンで考える必要があり、決して震災を風化させないこと、また、課題を解決していくためには、やはり「人」の力が不可欠であると感じました。


「ESDフォーラム 『とさっ子タウン』からESDを考えよう!」を行いました(高松市) 2011.2

 2月19日にESDフォーラムを高松市で開催しました。今回は、四国四県の温暖化防止活動推進センターの主催による「平成22年度学校CO2CO2削減コンテストin四国」と同日開催しました。温暖化防止活動推進に取り組むセンターや行政関係者にも、ESDについて理解を深めていただく機会となりました。

 「平成22年度学校CO2CO2削減コンテストin四国」では、4県から2校ずつ選出された小・中・高校が活動を発表。子ども・生徒たちの学校生活の中で、節電や節水のアクションが定着し、数値的にもCO2排出が削減されている様子を、子どもたちや先生方によるしっかりと準備されたプレゼンテーションから知ることができました。香川大学経済学部教授の古川尚幸氏からは、電気や水の使用料を計測してしっかりと削減の効果を見える化することと、それらの取組みを家庭や地域の大人にも伝えることに、今後も期待する旨の講評をいただきました。

 引き続き開催したESDフォーラムでは、最初にESD−J理事の竹内よし子氏より、「ESD=持続可能な開発のための教育」が必要と言われるようになった、先進国と途上国の経済格差や、地球温暖化の状況など、社会的・世界的な「持続可能でない」背景が説明されました。そして、持続可能な社会をつくる人づくりのために、ESDでどのような能力を育もうとしていて、どのような学びの方法が提唱されているのかについて、解説をいただきました。

 続いてESD的な学びを具体的に知っていただく目的で、高知市で行われている「とさっ子タウン」の取組みの紹介を行いました。前回のイベント当日の様子を画像で説明した後、運営を担っている大学生や大人の実行委員会の様子を、同メンバーによる朗読劇によって、再現していただきました。劇中では「実行委員会に新たなメンバーが加わったとき、その人たちにこの取り組みの趣旨や思いをどのように伝えていくか」「食べ物などのゴミをどのようにすればよいか」について、実行委員会で様々な意見が出た様子が再現され、参加者もこれらの課題について、テーブルのメンバーで意見交換を行いました。さらに、実行委員会のメンバー一人ひとりから、運営していて気付いたこと・感じたことについて発表があり、「街の成り立ちの複雑さを実感した」「税金の大切さを知った」「子どもたちにわかりやすく伝えるために、税金のしくみなどを調べた」「できるかできないかよりも、やりたいかやりたくないかということと、やるかやらないかが重要」などが述べられました。そして、「10年後のとさっ子タウンがどのようになっているか。どんな街になって欲しいと思うか」について、テーブルで意見を出し合い、アンケートに記入していただきました。

 講評では、丹下晴美先生から、とさっ子タウンと学校CO2CO2削減コンテストの発表を受け、「複雑なプロセスを時間をかけて体験する」「まちは子どもたちの意志で変えることができる」「問題は解決できるという自信を子どもたちが持つ」など、ESD的な学びの方法の大切さについて解説していただきました。

 また、会場に四国のESD取組み事例のパネル展示を行い、高知県:NPO法人NPO高知市民会議・高知県環境カウンセラー協議会・NPO法人環境の杜こうち・NPO法人黒潮実感センター・黒潮生物研究所、愛媛県:松山ESD促進実行委員会・小野中ESD&新玉小学校、徳島県:正法寺川を考える会・環境首都とくしま創造センター(エコみらいとくしま)、香川県:善通寺こどもエコクラブ・JICA四国 による活動を紹介しました。

 参加者によるアンケートでは、
・つなげるということが大事なことだと思いました
・体験から学べる次の活動がある
・「とさっ子タウン」の実行委員の立場で課題を検討してみることによって、普段の生活では考えることのない「見えていない課題」があることを意識しないといけないと感じました
・教育がESDの土台となっていることに気づくことができたので、活動のヒントになりました
などの感想や意見が出されました。


「ESDミーティング徳島2010」を行いました(徳島市) 2010.12

講演「ESDを知ろう!〜日常生活とESDのつながり〜」では、丹下先生によるこれまでの取組みを例に、ESDが具体的にどういうものなのかをご紹介いただきました。
また「よくわかるESDまんが読本」を参加者に配布し、環境問題や生物多様性についてESDの視点からお話いただきました。





丹下先生のお話の後、徳島での取り組み事例として「正法寺川を考える会」の山崎氏より、地域・学校との協働からのESDの学びについて発表していただきました。
学校でのESD学習では、ESDという言葉を「ずっと生き続けるために!」という言葉で学習会を行う様子などが紹介されました。





グループワークでは、各グループで自己紹介を行った後、丹下先生や山崎氏のお話を聞いた感想や質問、今後の活動に参考になったことなどについて意見交換が行われました。

参加者からは、
「まだまだ知らない現実が、ESDまんが読本に書いてありました。そして、経済とつながっているんだという深い部分をもっと知りたいと思いました。ぜひ、第2弾、参加したいです。」

などの感想を頂きました。


「ESDミーティング愛媛2010」を行いました(松山市) 2010.11

 有機農業に取り組む3人の生産者に「安心・安全な農作物づくりへの思い」をお話いただきました。八束裕さんは、堆肥作りの様子など有機農業の基本となる土づくり、白戸暉男さんは、コープ自然派えひめの活動に入るきっかけとなった地域の川の自然が損なわれたことなどの危機感、藤田準さんは、新居浜市における農業を取り巻く環境を踏まえ、有機農業に着手した現状などをお話しくださいました。
 また、「持続可能な社会づくり」とは、「なつかしい未来づくり」でもあることから、未来に引き継ぎたい過去の体験・風物は何かについて、参加者一人一人が発表。「果物を木から取って食べる」「家族団らん」「川辺での魚釣り」「用水路沿いの原っぱ」など原風景的な情景を共有することができました。
その間、子どもたちはマヨネーズづくりを担当。そして、キャベツ、ニンジン、みかんについて、有機野菜とスーパーで買える野菜の食べ比べを行いました。「スーパーで売っているものの方が味の濃さ、甘さなどがすごく調っている感じがした」「有機野菜は野菜本来の苦味、酸味、甘味が絶妙のバランスであると感じた」などの感想が出されていました。

昼食は、八束農園の有機野菜を使った「地産・地消カレー」を全員でいただきました。ご飯の一部はソーラークッカーで炊いたもの。たいへん好評でしたが、野菜の下ごしらえも参加者にしてもらえたら、有機野菜の特徴をよく理解してもらえたのではないかと反省。

午後は、子どもたちはエコハウス周辺でエコハウスのスタッフのガイドで「いきものみっけ」を行い、種をくっ付け合って遊んだり、植物の観察をしました。

大人は、有機野菜の流通のしくみづくりに取り組む、一般法人まほろばの芳野裕士さんから、慣行栽培と有機栽培の農地の違いの観点から農作物が人に与える影響などについてお話いただきました。また、東ティモール支援を行っているG−NETの横田創さんからは、東温市の棚田再生の取組みの中で、減農薬・無農薬の田んぼには多くの種類のカエルが生息していると紹介があり、安全な農業は、生き物や環境の保全につながっていることの説明がありました。
その後、参加者が「安心・安全な農作物がまだまだ広がっていない要因」「では、私たちはどうすればいいか」についてカードに書き出し、グループでディスカッションし、どのような意見が出たかを全体で共有しました。
「消費者が農業について知る・経験する機会が必要」「すぐ食べれるように加工された食品を食べる機会が増え、自分で食材を選ばない」「まじめに作られたものを買い支える必要があるが、どのように作られたかの正しい情報を得難い。情報公開のシステムの導入が必要」などの意見が出されました。

最後に、丹下晴美先生から、私たちが注意を払うことの少ない土壌も、多様な生物の働きによって維持されていることを、英語の単語を交えながらパワーポイントでご説明いただき、自然界の循環における人の生活について、意識を広げることができました。

アンケートでは、「生産者の方と直接お話しができて良かった」「意識がある人たちと改善策について話し会えて深まりました」「日々の生活で必ずかかわるので、食べ物を選ぶ際には今日のことを思い出すだろう」などの感想が出されました。


「ESDミーティング高知2010」を行いました(高知市) 2010.9

ESDミーティング高知2010「地域づくり&人材づくり〜とさっ子タウンの学びから考える〜」を開催しました。

 まず最初に、「とさっ子タウン」についての紹介がNPO法人NPO高知市民会議事務局長の畠中洋行氏より行われました。とさっ子タウンは、子どもたちに現実の「まちの運営」や「社会のしくみ」に関心を持ってもらうことをねらいとし、専用の通貨(トス)を用いて、納税、多様な仕事、市長選挙などといった現実の社会がうまく再現されていました。子どもたちが仕事をする上では、各専門の企業や行政関係者などのサポートが行われたそうです。

 事業の運営は、実行委員90名によって行われ、そのうちの3分の1が大学生と、若い人たちの参加が多数あったということでした。また、事業打合せのための、大学生による高知市市民活動サポートセンターの活用や、とさっ子タウン以外の活動への参加、事業参加による気づきや育ち、といった効果があったと報告がありました。その他、準備には1年半をかけ、「ただの職業体験イベントではない」といったコンセプトを共有し、しっかりとした組織づくりを行っていったということもご紹介頂きました。

 ワークショップでは4つのグループに分かれ、とさっ子タウンの感想、自分の活動の参考になったこと、とさっ子タウンについてもっと知りたいこと、についてグループごとに話し合い、その後全体で共有しました。また、もっと知りたいことについては、最後にとさっ子タウン関係者から説明が行われました。

 講師である丹下晴美氏の講評では、ESDとは何か、ESDととさっ子タウンの関係性、海外での先進事例等についてご説明頂きました。また、とさっ子タウンのような取り組みは、「街はそこにいる人たちがつくるもの」ということを肌で感じられる空間であり、持続可能な社会をつくるための問題点や矛盾点の見える化となるといったことをお話頂きました。


アンケートより(抜粋)
・身近な子供達にとさっ子タウンを紹介したい。
・とさっ子タウンのアイデアは、いろいろな活動に活かせると思います。
・裏話などが聞けて、とても楽しかった。いろいろな話が聞けて、試してみたいとも思いました。
・世界での持続可能な社会への取り組みに関して知ることができて良かった。子どもと大人がつながって、パートナーシップを組んでいくことで、主体的に社会をつくれるのは素晴らしいと思う。
・ESDの視点を再確認するいい機会となった。
・持続可能な地域づくりに対する具体的なイメージが沸いた。
・経験と人脈と技術を持った人が多く参加してくれることが大切という事がわかった。
・直結したものは“今”はないですが、この先の“ヒントの引出し”になるように感じました。大変勉強になりました。
・大変ヒントになりました。町おこしのやり方、子どもからの町おこしの視点に入れていきたいと思います。
・今後のPTA、地域活動の中で子供たちとの関わり方について、子供にアイデアを出させてそれを活かす方法を学ばせていただきました。
・整理しきれてないぐらいですが、30年前にはこんなことをいってる人はいなかったことを考えると、人間はやはり変わっていくのだと思い、未来に向けて変えていきたいですね。


「ESDミーティング香川パート2」を行いました(高松市) 2010.3

コープ自然派オリーブさんとの共催で、「英語で遊ぼう!親子でフードマイレージ」と題したESD勉強会を開催しました。

まずは各自が持参したスーパーのチラシから、外国産の食べものを切り取る作業をしました。世界地図の上にそれを置いて見ると、タコはモーリタニア、サーモンはチリ、牛肉はオーストラリアから来ており、日本までの距離はかなり遠いということがわかりました。
その後、卵や養殖の魚は国産であってもその餌となる飼料は輸入されているということ、加工食品(アジの開きや冷凍かぼちゃ等)は海外にその加工作業を委ねていること、またそれらが日本の給食にも使われていることなどを学びました。

私たちが普段食べているものがどこから来て、それにはどのような過程を経ているのかを知る機会となると同時に、海外に多くの食料を頼っている日本において、温暖化や人口増加、経済成長の著しい近隣国の影響など、様々な要因が今後の日本に影響を与えるであろうことを学びました。
また、それらの現状から、未来の日本、世界のためにできることは何か、について一人一人が考える時間となりました。

参加者のアンケートより(抜粋)
・今日は“食”の大切さがとてもよく分かりました。先生のお話がとても分かりやすかったです。ありがとうございます。
・薄々と感じていたけれど、気付かないふりして生活していたのかもしれない。食料輸出国の方に対して申し訳なくさえ思ってしまった。同じ地球人なのに・・・国産だと思っていたのも飼料は輸入だし、賃金の安い国で加工したりといろいろなからくりがあり、考えさせられた。これからもなお一層、原産地などを注意し、ひとりの力は小さいけど少しでも未来の地球のためにがんばろうと思った。
・現代の食生活の問題と、未来の問題について考えることができました。このような考えを知る機会を多く設けてほしい!
・もっと自給自足について、考えなければならない。
・考えさせられることはたくさんありますが、変えていくことは非常にむずかしく思う。食物は他国に委ね、工業技術は誇れるものがあったはずだが、それさえも他国の方がすぐれてきている。今後の日本の行く先が不安である。


「ESDミーティング愛媛」を行いました(松山市) 2009.12

「ESDえひめ連絡会議 〜環境・国際・まちづくり つながるカギは「ESD」〜」

と題し、愛媛県でESDに関わっている人、学んでいる人達が集まる連絡会議を行いました。

「ESDとは何か」についてESDと四国、愛媛との関わりが時系列で紹介されました。92年にブラジルのリオデジャネイロで開催された環境サミットにおいてセヴァン・カリス・スズキさん(当時12才)の伝説のスピーチ以降10年後の2002年に南アフリカ共和国で開かれたヨハネスブルグサミットまでに環境問題は悪化したこと、そこで必要なのはESDだ、ということで日本が国連で提唱してその時からESDが始まったということや、四国においてESDがどのような経緯を経て広がっているか、ということが竹内よし子氏(ESD−J理事)により説明されました。
また、パネルディスカッションでは「愛媛のESDの展開」として、愛媛各地の取組みが紹介されました。それを踏まえて、愛媛のESDビジョンについて話し合いが行われました。

・課題解決が前面に出るよりは、自分達がしたいこと、すべきことを見つけ、自ら学ぶことがESDの根幹ではないか。
・文科省と環境省の連携がもっとできればいいのに!
・「地消地産」自分で使ったものは自分で作る、と考えてはどうか。

など、様々な意見が出されました。

その後、徳島、香川、高知から参加されていた方々からもコメントを頂き、各県の状況や成果のポイント(明確であること、測定可能であること、地域のステークホルダーに受入れられること、実現可能であること、時限性があること)などが紹介されました。

また、「愛媛大学とESD-RCE(地域拠点Regional Center for Expartiesの略。)動向について」として、小林 修氏(愛媛大学国際連携推進機構アジア・アフリカ交流センター)より、広域で繋がる、世界で共有できる価値観を作る、コーディネーターを育成し且つ共有する、等の動きをRCEの設置によって創造できればという構想について、説明がありました。

最後に、四国EPOより「ESDを学んでいます・関わっていますリスト(自己申告版)」ができるといいのでは、という提案を行いました。
今回のような連絡会議を重ねて行くことで、ESDの広がりや連携の幅を広げて行くことができればと思います。

アンケートより(抜粋)
・ネットワークがネットワークを作ることだけに終わることが非常に多いので、ぜひ実践の場で盛んな交流になることを期待します。また、そういう場を作る必要があるでしょうし、自分もそういう立場で動ければいいなと思います。
・ESDならもっと「教育」という面で、自己啓発的な内容を組み入れられたらと思う。
・具体的な事例の紹介をまとめてほしいです。(連絡先付きで)その後の活動につなげていけそうだから。フェアトレード商品の紹介や販売もさせていただきたいです。
・地域の中で自分が少しでもできることを考えることができて良かったです。学生だからできることが少ないとかは関係なく、実行できることはしようと思いました。将来の夢に役立つこと(考え方・活動)があったので今の気持ちを持ち続けようと思います。
・何がESDではなく、今活動している事からESDにつなげていく事、どのようにすればESDにつながっていけるかをたくさんヒントを頂き、導いてほしいと思います。
・コーディネーター(プランナー)のNPOを作ろうと思ったので、進む道に間違いないと思った。


「ESDミーティング高知パート3」を行いました(高知市) 2009.12

今回は

「ESDミーティング高知パート3 〜人が育つ・人づくり×ESD〜」

と題し、人材育成に焦点を当てて開催しました。

講師の丹下先生より、

「2020年からの警鐘」
・日本の小学生の苦手な問題は何か?   
・日本の若者が弱いのは何か?

について、日本の小学生は理由を複数記述するなど、多面的総合的に考えることが不得手であること、また、社会に不満を持った時に積極的に関わろうと思わない、なぜなら「自分一人の力ではできないから」と考えている、という問題提起がありました。

このことから、「変える意味と変える自信」を持たせるための学びの事例を、_礎祐僉↓課題の見える化、参画・変革の力、こ悗咾諒法 をキーワードに、海外のまちづくりの実践(イギリスのCATや、サクラメント近郊で実践されている「車のない町・実のなる木のある町づくり」)からご紹介頂きました。さらに、子どもたちが省エネ・環境・平和を学び、調べ、実践した今治市立鳥生小学校と今治市立城東小学校での取り組みを共有しました。
リーダシップの必要性、パートナーシップの重要性など、人材育成に欠かせない視点が明確になりました。

その後会場の(株)相愛さんの視察を行いました。同社の理念を具現化する社屋として、県内産材の利用、しっくいの壁、水の循環システム、浄化システムなど環境に配慮した特徴を有していることをご説明いただきました。また、企業として持続可能な地域社会の形成にどのように関わるべきか、という視点などをご紹介頂きました。

最後に、前半に学んだことを踏まえ、出席者全員がESDミーティングに参加して感じたことなどを発表しました。
「参加を通して自分が変わったことから、社会を変える自信になった。そのためのヒントを得た」「一般の人の意見を吸い上げてどのようにファシリテートしていくか。NPOが果たす役割を考えた」「四国から発信し、政策提言できるようになれば」などの考えが出され、今後もESDを通して受講者がつながっていける機会づくりについて検討していくこととなりました。

アンケートより(抜粋)
・本当の目的をもつ、手段が目的になってしまうこともある。そうならない為に常に意識して取り組む必要性を感じた。
・バイオマスタウン構想の話は興味深かった。
・参加している方の思いや実施しようとしているコトをお聞きしてつながりができそうです。
・環境問題についてのいろんな考え方を知れて…新しい見方もできるようになった気がします。どの人もいろんな活動をされている方なので刺激になりました。
・具体的なフィールドをテーマにして動きにつながればいいと思います。
・今回の会場はとても良かった。先進企業を訪問してそこで研修を行ったらいいと思います。
・大人の人とたくさん出会いたい。知らなかった人とかかわりたいと思って参加しました。誘っていただけて良かったです。


「ESDミーティング高知パート2」を行いました(高知市) 2009.10

今回は

「ESDミーティング高知パート2 〜地域づくり×ESD〜」

と題し、地域づくりに焦点を当てて開催しました。


講師の丹下先生より、

「生き物がその土地に合わせて生きるとはどういうことか」
という視点から、地域づくりの基礎となる考え方をご紹介いただきました。

併せてアフガニスタンなど、真に自立した地域づくり支援の事例紹介から、実際に自分達の活動に取り入れられそうなヒントが提示されました。
講演を3つに区切り、その合間に「Thinking Time」を設け、参加者の意見や質問を付箋に書き出す作業を行いました。
「“盗まれるということは地域に必要とされているということ”、という発想はすごい」
「耕作放棄が進む日本の地域づくりとは何かを考えなければいけない」
「その土地に合わせた生き方をすることが、地域を持続可能にしていく」
など、付箋に書かれたことに対し意見交換が行われました。

アンケートより(抜粋)
・内容もさりながら、伝え方の大事さが参考になりました。
・日頃NPO活動するにあたり、自分の住んでいた地域の人との交わり方が大切だと思う。
・私はどんな提言(or発信or感動して伝える)ができるか、を常に頭において、ものごとをみききするよう、みんなに伝えたいです。ビジョンの共有のしかた、する方法について考えたい。
・どのお話もとても興味深く、自然と調和して生きること、役割を果たすことが自立につながるということを学びました。
・大変参考になりました。知らなかった事が多いのでもっと知りたい。非常にわかりやすく楽しんで学ぶことが出来ました。自分が理解しないと人に伝えられないので、学ぶことが大切だと思います。
・とても参考になりました。ビジョン、シナリオ、提言というひととおりの流れを実践してみたいと思います。
・私は地域づくりのコンサルタントをしています。その地域にとって真に必要なものと、その方法を考えていく上で活動させていただきたいと思います。難民支援の方法の話は他人事ではなく、小さい地域、例えば市町村単位でも言えることだと感じました。


「ESDミーティング高知」を行いました(高知市) 2009.10

ESDミーティング香川に続き、高知でもESDミーティングが行いました。
→「ESDミーティング高知」イベント情報はこちら(2009.10.3)

香川と同様、講師の丹下先生より学校の実践事例を踏まえたESDのお話の後、コープ自然派こうちさんのおいしい昼食、交流会ではクロスロードというワークショップを行い、同じ一つの課題でも関わる人によって様々な見解や価値観がある、ということを共有することができました。

参加者からは、

「田んぼや食育など、自分がパラパラとやってきたことをあらためて整理ができたように思います。」
「確かな根拠に基づく判断、見える化の大切さが気づきのために必要なことがよく分かり、今後の仕事に活用できる(すべき)ということを痛感させられた」
「まずはESDがきわめて幅の広い範囲を持ち、教育分野との関連が深いことが分かった。現在の活動の中心である、生物多様性に関する主に農業(地域生態系含め)分野の教育方面での展開を考える上での 非常に有力な考え方の中心となる予感がする」

などの感想を頂きました。

続けて10月29日、パート2を開催します。
ご都合よろしい方はぜひお越しください。

→「ESDミーティング高知2」イベント情報はこちら(2009.10.29)


「ESDミーティング香川」を行いました(高松市) 2009.8

ESDミーティング香川〜子どもたちとともに考えよう 食・環境・平和〜
を行いました。

 講師の丹下先生のお話では、学校での実践事例を通じてESDが具体的どういうものなのかをご紹介いただきました。その後、コープ自然派オリーブさんの食材を使った昼食を頂きながら、それぞれの自己紹介と、お話を聞いた感想や質問などが出されました。

「ESD」を自分達の活動に取り込むには具体的にどんなことが必要なのか、またこのような勉強会の必要性や、参加者間の情報共有の重要性などについて意見交換が行われました。

 参加者からは、

「ESDを大学の授業で少し学んでいるが、実際にどんな実践が行われているか知らなかったのでとても参考になった」
「自分達の活動を、もっと地に着いた具体的なものにしなければいけないと思った。」
「教える側(大人)の意識、意志によって子どもたちの可能性が無限に引き出してあげられるのだということが理解できた。」

などの感想を頂きました。

→イベント詳細はこちら


「ESD勉強会in善通寺」を行いました(善通寺市) 2008.11

とにかく分かりにくい、広がりにくいと思われがちな「ESD」。
具体的に地域の事例から学ぶことができないか、試験的に勉強会を開催しました。

具体例があると理解しやすいということ、四国の事例があると身近に感じられることから、今後もこのような機会を設けることができればと思っています。

● 報告書PDF


地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.