→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

環境団体等で利用できる助成金などの情報を掲載しました。 ※ ( )は応募等の締切日です

☆「助成金等 募集情報カレンダー」のページへ
 ・・・こちらからカレンダー形式で助成金等の情報を確認出来ます。
全国 : KJB(Keep Japan Beautiful)瀬戸内基金2014(1/21〜2/21)

KJB 瀬戸内基金は、フィリップモリス ジャパン株式会社がKeep Japan Beautiful (環境美化・保全活動)の一環として、公益社団法人瀬戸内海環境保全協会と連携して行うもので、瀬戸内海環境保全特別措置法第2条に定める地域における環境美化・保全活動に取り組む市民団体(NGO/NPO)等に対して、その活動や事業を助成・支援するために設立しています。


【助成対象となる事業又は活動】
瀬戸内海地域の海域及び河川において実施する環境美化・保全に関する事業又は活動であって、下記の事例によるものとします。 (1)環境の美化
ヽね里瓦瀚瑤浪論遒瓦澆硫鷦・運搬等による海域または河川の美化活動。
海域又は河川においてごみの投棄等を防止し又は啓発するための活動。
(2)環境の保全
\ジ容盂っ楼茲隆超の保全及び新たな創造並びに再生に関する活動及びその啓発。
海域又は河川での水質・水生生物等の調査。
4超学習・体験活動の実施。

【助成対象の団体】
瀬戸内海地域の海域及び河川において、環境美化・保全活動に取り組む非政府・非営利組織(NGO/NPO)の団体であって、法人格の有無を問いませんが、下記の条件を満たす団体とします。
(1)定款又は規約等の会則を有し、代表者若しくは責任者が明確であること。
(2)一定程度(5名以上)の会員又は構成員を有し、団体として独立した経理を行っていること。
(3)瀬戸内海地域(流域を含む)を活動の主たる範囲とし、当該地域内に団体の活動拠点を有すること。
(4)宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体でないこと。
(5)公共団体等が出資者となっていないこと。
(6)その他公共の福祉に反した活動を行う団体等でないこと。
(注)平成23年度から25年度まで当基金を連続して3回交付を受けている団体でないこと。

【助成金額】
(1)30万円を限度として助成します。
(機器等の購入費、人件費、及び事務所維持費は助成対象外とします。)
(2)ごみ処理の費用(運搬、処分等の費用)が必要となる場合は、20万円を限度に加算することがあります。

【助成対象となる活動又は事業の実施期間】
平成26年4月1日〜平成27年3月31日

【助成活動実績報告書の提出】
助成活動が完了したときは、その日から1カ月を経過した日又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに助成活動実績報告書を提出すること。

【募集期間】
平成26年1月21日〜平成26年2月21日(当日消印有効)
※応募は、郵送でのみ受付とします。

【応募・問合せ先】
公益社団法人 瀬戸内海環境保全協会(担当:和田、中井)
〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 人と防災未来センター 東館5階
TEL:078-241-7720  FAX:078-241-7730

【詳 細】
KJB(Keep Japan beautiful)瀬戸内基金のホームページ>KJB瀬戸内基金2014について
http://www.seto.or.jp/setokyo/kjb/


地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.