→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

「四国のすごい!」では、四国EPOがすごいと思った四国の環境情報をお知らせしていきます。
どうぞお楽しみに!

Shikoku no sugoi!(English)Shikoku no sugoi!(German)


【カテゴリー選択】
温暖化 3R・廃棄物 活動支援 教育 自然
省エネ 森林保全 清掃・美化活動 ≪一覧へ戻る≫
平和の折り鶴、リサイクルで繋がる
投稿日時: 2014-04-21

広島に届けられる平和の折り鶴。2002年までは、年間約10トンが焼却されていたといいます。その後、折り鶴は焼却されず保管されるようになります。量にして約100トン、「折り鶴をどうする?」という中で、徳島の蠧誠産業が手をあげました。
紙パックの再生紙化でノウハウを持つ蠧誠産業は、広島市の折り鶴昇華活動(折り鶴の折り紙を再生し、二次、三次利用する取り組み)に賛同し、10トンを色紙に再生しました。その使い道を模索する中、イタリア石巻プロジェクトと出会い、各国の平和と復興への思いをつづる色紙ができあがります。
応援メッセージがつまった色紙は、2013年イタリアミラノのエキシビジョンで展示されます。2014年には、ミラノ市から特別招待され、イタリアの政府・企業・大学そして日本総領事館の支援のもと初出展が実現します。イタリアの著名なアーティスト達による、折鶴パルプを使ったアート作品の数々。展示後は、チャリティーオークションを開催し、その収益はミラノがんセンターの小児がん部に寄付されました。
古紙再生技術を持つ四国の企業のチャレンジが、日本から海外、平和と復興への願いとなって、つながりは生まれていきました。「思いや優しさを伝える会社でありたい」と代表取締役社長の平尾氏が言われるように、その思いは、技術をさまざまな形で活かす中で、今後も着実に伝播していくに違いありません。


地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.