→TOP
お知らせ
四国の環境情報
四国EPOとは
四国の環境関連資料
連絡先
〒760-0023
香川県高松市寿町2-1-1
高松第一生命ビル新館3階

TEL:087-816-2232
FAX:087-823-5675
E-mail:4epo@4epo.jp
四国EPOのバナー


四国EPOは、運営団体(NPO法人えひめグローバルネットワーク)とともに各主体の協力により運営しています。

四国に関係したパンフレットや報告書等を随時掲載していきます。
検索も可能ですので、興味のあるキーワードを調べてみて下さい。役立つ資料が見つかるかも!?

→ 省庁が発行している環境関連資料(温暖化、リサイクル、自然関係など)のページはこちら
 (EPO北海道ホームページ パンフレット集)
→ 四国EPO貸出し書籍のページはこちら



【検索キーワード】
温暖化 省エネ ごみ 自然 住宅
教材 バイオマス リサイクル
生物 ESD
他に調べてみたいキーワードがあれば、以下の検索窓をご利用下さい。
     

資料ページトップ 
ファイル名  +   - 
日付  +   - 
地域をつなぐもりもりコーディネイション.jpg
地域をつなぐもりもりコーディネイション<異なる立場の人たちを対等にして出会わせ、持続可能な社会のビジョンに沿ってつないでいく>
コーディネーターのビジョン・役割・スキルを数々の経験に基づいて明朗に説く。
ecom.jpg
学びあい、育ちあい、築きあう「ESDの授業・プログラムづくり」持続可能な地域(社会)づくりのための学びあい・人づくり、それがESD。学校や地域での具体的展開に役立つハンドブック。
kyumin.jpg
休眠口座白書休眠口座基金を作るには多くの人々の賛同が必要です。
日本でも休眠口座基金ができれば、海外の事例と同様、福祉や環境などの社会的事業、困難にぶつかっている人々の自立支援、孤児や低所得者層の子どもたちへの教育支援、震災の復旧・復興支援などを、出資、融資、助成などにより支援することが可能になります。
地産地消のエネルギー.png
地産地消のエネルギーお日様、水車、薪、炭、温泉…かつて私達の身の回りには自然のエネルギーが満ちあふれていた。地域で自給できる地域のためのエネルギーシステム、EIMY:Energy In My Yardを取り戻すために。
choko.jpg
チョコレートから世界が見える−人権を基盤にしたESD教材集本書は、3部構成で、吃堯嵜邑△魎霹廚砲靴ESDをどうすすめるか - ESD10年中間年を迎えて」では、ESDと人権教育の関連についての論考で、続く局堯屐屮船腑灰譟璽箸ら世界が見える」:ワークショップ教材編」は、チョコレート・ストーリー・クイズをはじめとしたワークショップ教材プログラムです。そして敬堯屐屮船腑灰譟璽箸ら世界が見える」発展学習編−環境・開発・人権」は、チョコレート・ワークショップを発展させる学習教材と授業実践例の紹介で、環境と開発と人権をつなぐ視点を重視した人権教育教材として編纂されています。
森林飽和.png
森林飽和 〜国土の変貌を考える〜「砂浜がなくなる原因は山にあった」水と砂から日本列島の行く末を見通す、画期的国土論。

自然を放置すると何が起きるのか。
緑の木々に覆われた山を歩きながら、私たちは、そこが50年前にはげ山であった姿を想像できるだろうか?山の地肌が消え、土砂崩れが減り、川から砂がなくなる…。

これら20世紀に起きた変化は、日本史上初のものだった。変化は副作用をもたらす。サルやクマの人里への出没、海岸の道路を崩壊させる“砂浜流失”、そして花粉症。

各地で起きる問題の根源に山地の変化があることを見抜き、土砂の流れを分析して私たちの誤った思い込みを次々と覆す。自然環境と災害について発想の転換を迫る提言の書。
オゾン.JPG
平成25年度 オゾン層等の監視結果に関する年次報告書環境省が、「特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律」(昭和63年法律第53号)に基づき、平成25年度におけるオゾン層の状況、オゾン層破壊物質等の大気中濃度等に関する監視結果を年次報告書として取りまとめた冊子です。
環境教育と開発教育.jpg
環境教育と開発教育-実践的統一への展望:ポスト2015のESDへ-持続可能な開発のための教育(ESD)は明らかにグローバリゼーションが進める「持続不可能な開発」に対する「もう一つの開発」(おそらく内発的発展に根をもつ開発)のあり方を提起しており、新たな教育領域の設定ではなく「いまもっとも求められている教育」のあり方(ベクトル)を示すものである。
〔本書より抜粋〕
minna.jpg
みんな仲良くずーっとずーっとこの絵本は、読む人の経験や考えによっていろいろな物語になるでしょう。

みんなが仲良く幸せに生きるために必要なものは何かについて、何に気づき、何を進化させていけばいいのでしょうか?

あるいは時代の変化に適応して本当に変わる必要があるのかどうか?ということも含めて、それぞれの考えでお話を創っていただければ幸いです。

さらに、この絵本はいろいろな立場の人が考えを出しあっています。この絵本を題材にいろいろな人と語りあっていただければいいかもしれません。そして、お話を比べあって、気づきあっていただければ、とってもうれしいです。

何かあったらこの本を開いて、何度もお話を進化させてください。ずーっとずーっと。
687.jpg
ESD環境教育モデルプログラムガイドブック「持続可能な社会」の担い手を育てるのに、ふさわしい題材、方法、活動とはどんなものでしょうか?そこで、学校の先生や企業・NPO の方が考えて下さったものから、20 の ESD の視点を取り入れたモデル的な環境教育プログラムを作りました。これが「ESD 環境教育モデルプログラム」です。
このモデルプログラムをもとに、自然や文化・歴史的背景など、それぞれの地域が持つ特性を混ぜ合わせ、各地域でオリジナルプログラムが作られ、地域に根差したプログラムが実践され広がっていくことを期待します。
地球環境基金a.jpg
地球環境基金 平成20年度活動報告集地球環境基金による、平成20年度の助成活動や支援事業について取りまとめられています。
091208b.jpg
川と共に生きる暮らしと文化の再構築を目指して(5)〜岡山市北区京山地区ESD(持続発展教育)特集6〜ESDを取り入れて、様々な教育機関の教員や学生をはじめ、社会教育施設や市民団体やコミュニティ団体や企業関係者などが、共に学び合い、設立した岡山市京山地区ESD推進協議会の2008年度の活動広報誌です。
資料数 23 / 2ページ中 1 2



[ Coppermine Photo Gallery powerd by xcGalleryD3 ]

地球環境パートナーシッププラザ 北海道環境パートナーシップオフィス 東北環境パートナーシップオフィス 中部環境パートナーシップオフィス
近畿環境パートナーシップオフィス 中国環境パートナーシップオフィス 九州環境パートナーシップオフィス 中国四国地方環境事務所 中国四国地方環境事務所高松事務所
■ 利用規定 ■ 
Copyright (c) 2007- 四国環境パートナーシップオフィス All rights reserved.